お茶

玉露の入れ方は温度が決め手|煎茶の水出しでも旨味たっぷり!

お茶の新芽

https://tosuya1048.xsrv.jp

玉露を愉しむには、温度が重要という事をご存知ですか?

 

『そもそも玉露ってどんなお茶?』

『ポットのお湯じゃダメなの?』

 

お茶の中でも最上級とされているのが『玉露』です。日本人なら誰もが聞いたことのあるお茶ですが、一般にはあまり浸透していません。

それはなぜか・・・?

 

高級すぎて、飲める人が少ないからです!

 

これについては、お茶の生産量を調べてみるとよくわかります。

2018年時点での日本茶生産量は年間9万トン前後です。

平成14年ごろからのデータになりますが、大きな変動はなく横ばいとなっています。

昭和50年は約10.5万トン、その後は減少しましたが平成16年にはまた10万トンを超えました。

引用:お茶を飲もう

日本でのお茶の年間生産量は、約9万トンとなります。そのうち、玉露の生産量はというと・・・

 

266トンです!

 

・・・桁が多すぎてよくわかりませんか?パーセンテージでいうと約0.3%です。

日本人の人口で割ってみると、年間に1杯飲めるかどうかという生産量となります。

 

是非とも一生に一度は飲んでみたいお茶ですね!

 

どうせ飲むなら、一番おいしい入れ方で飲みたいものです。

今回は、玉露の入れ方と温度について解説していきます!

玉露とは?

私たちが普段飲んでいるお茶は『煎茶』といいます。『玉露』は一体どういうお茶なのでしょうか?

一言で説明すると・・・

 

太陽を遮って育てたお茶です。

 

日光に当てないことで口中に広がるトロリとしたうま味、ノドの奥から感じる爽やかな香りを堪能することができます。

玉露と煎茶の違い

私たちが飲んでる煎茶と比較して、もうすこし詳しく玉露について解説します。

テアニン豊富な玉露

玉露は、栽培中に20日間以上日光を遮ります。太陽の光を当てない状態で新芽を育て、その一番茶を丁寧に手摘みした茶葉を使って作ります。

また、通常の煎茶は、かまぼこのような形に茶の木を刈ります。収穫しやすくするためです。

 

しかし、玉露は自然仕立て!

 

自由に育て、手摘みするという非常に手間のかかるお茶です。

では、日光を遮ると茶葉にはどのような変化が起こるのか?

 

テアニン⇒カテキンへの変化を防ぎます。

 

お茶にはテアニン、カテキン、カフェインという代表的な成分が含まれています。

それぞれの味への影響は・・・

 

  • テアニン:うま味
  • カテキン:渋み
  • カフェイン:苦み

 

つまり、日光を遮ることで、テアニンを豊富に含んだ茶葉ができるという事です。

玉露のうま味の秘密はテアニンにありました。

カテキン豊富な煎茶

一方、私たちが普段から飲むお茶は、煎茶といいます。日光をたっぷり浴びており、テアニンはカテキンへと変化しています。

 

渋みの効いた、さっぱりとした味わいになるわけです。

 

玉露と煎茶の違いは、日光を当てるか当てないかにより、テアニンが多いかカテキンが多いかという点にあります。

 

関連記事日本の緑茶10種類|初心者でもわかりやすく解説

玉露の入れ方は温度が決め手

さて、緑茶にはテアニン、カテキン、カフェインが含まれるということが分かりました。

それぞれの抽出量をコントロールすることで、様々な味わいのお茶を入れることができます。

 

玉露はうま味を愉しむお茶なので、テアニンを上手く抽出してやる必要があります。

お茶を入れる回数

まずは、お茶を入れる回数です。もったいないからといって、一度使った茶葉で二度目のお茶を入れることがありますよね。

 

残念ながら、うま味(テアニン)は1回目に入れた時に一番多く抽出されてしまいます。

 

二回目以降は渋み(カテキン)が多いお茶となります。

そのため、玉露は一回目に入れた時が、一番うま味を味わえます。

お茶を蒸らす時間

続いて、お茶を蒸らす時間です。皆さんは何分間お茶を蒸らしていますか?

 

うま味(テアニン)が抽出されるピークは2分です。

 

それ以降はうま味(テアニン)抽出量が減り、渋み(カテキン)だけは抽出されていきます。

渋み(カテキン)を抑えるために、玉露の蒸らし時間は2分以内にしましょう。

お茶を入れる温度

そして、一番重要なのが温度です。

お茶の成分は、以下の温度でピークの抽出量となります。

 

  • テアニン:60℃
  • カテキン:70℃
  • カフェイン:80℃

 

80℃でお茶を入れても、テアニンは抽出されます。しかし、カテキンとカフェインも抽出されます。

玉露を飲むなら、できるだけテアニンだけを抽出したいですよね。

 

そのため、玉露は60℃のお湯で入れてください。

 

実際にはカフェインもけっこう抽出されてしまいますが、熱い湯で入れるのとは大きな差があります。

 

60℃のお湯を作るためには、専用の茶器を使います。このような感じのモノです。

 

ない時は、料理用の温度計でもOKです。

玉露を入れる具体的な手順

玉露のポイントは覚えましたか?低温で2分間です!これらをふまえ、具体的な手順を紹介します。

 

  1. スプーン1杯の茶葉を急須に入れる
  2. 60℃のお湯を30mL注ぐ
  3. 2分間蒸らす
  4. 最後の1滴まで湯呑みに注ぐ

 

お湯の量が意外でしたか?玉露とはこのくらいの量を飲むものです。

ペットボトルの500mLのお茶に慣れていると、少なく感じますね。大切に愉しんでください(^^♪

 

30mLでも抽出できるタイプの急須が必要になります。

 

2杯目は、カテキンの抽出量を減らすため、1分間の蒸らし時間で入れましょう。

煎茶の水出しでも旨味たっぷり!

一生に一度は味わってみたい玉露ですが、何かと準備が大変なのも事実です。

普段飲んでいる煎茶でもうま味(テアニン)を効率的に抽出する方法があると便利ですね。

 

おすすめなのが水出し茶です!

 

テアニンは低温でも抽出されるという特性があります。カフェインやカテキンはそうもいきません。

 

そのため、冷蔵庫で冷やした冷水で入れると、煎茶でもうま味(テアニン)豊富なお茶を入れることができます。

 

ポイントは2点です。

 

  • 多めの茶葉を使う
  • 15分ほど冷蔵庫で抽出する

 

うま味(テアニン)は茶葉の量に比例して、抽出量が増えます。また、冷水だと抽出までに時間がかかります。

これらのポイントを押さえれば、普段飲んでいる煎茶がビックリするほど美味しくなります(^^♪

まとめ

以上、玉露の入れ方は温度が決め手|煎茶の水出しでも旨味たっぷり!の紹介でした!

玉露のうま味は、テアニンという成分によるものでした。テアニンを上手く抽出するには、以下のポイントがあります。

 

  • 60℃のお湯を使う
  • 蒸らし時間は2分以内

 

美味しく玉露を飲みましょう(^^♪

-お茶

Copyright© エスビタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.