お茶

お茶の生産量と栽培面積|都道府県別ランキング1位はやっぱり・・・

パソコンに表示された棒グラフと円グラフ

https://tosuya1048.xsrv.jp

あなたが飲んでいるお茶はどこで作られいますか?

 

『生産地まではわからない』

『京都が有名だから、京都のお茶なんじゃない?』

 

普段飲んでいるお茶なら、是非とも生産地を知っておきたいですね。日本人としても日本茶の事を知っておくと、ちょっとした時に話のネタになります。

お茶の種類によっても生産量は異なりますが、日本で一番飲まれているお茶は煎茶です。

 

結論から申しますと、煎茶を一番作っているのは静岡県です。ちびまる子ちゃんでも有名ですね。

日本三大銘茶にも静岡茶が入っています。

今回は日本茶の生産量と地域について紹介していきます。

日本茶の生産量推移

2018年時点での日本茶生産量は年間9万トン前後です。

平成14年ごろからのデータになりますが、大きな変動はなく横ばいとなっています。

昭和50年は約10.5万トン、その後は減少しましたが平成16年にはまた10万トンを超えました。

日本茶の栽培面積推移

一方、栽培面積は減少しています。昭和50年代は6.1万ヘクタールありましたが、平成28年には4.3万ヘクタールまで少なくなりました。

お茶農家の高齢化や後継者不在のため、廃園が進行しています。

生産量が維持できているのは、お茶農家が大規模化し生産効率が向上しているためです。

栽培面積ベスト5!

まずは栽培面積をみてみましょう。H28年のデータとなります。

 

  1. 静岡県:17,400ヘクタール
  2. 鹿児島県:8,520ヘクタール
  3. 三重県:3,000ヘクタール
  4. 京都府:1,580ヘクタール
  5. 福岡県:1,550ヘクタール

 

静岡県が圧倒的な差で優勝です。2位の鹿児島県の倍以上あります。

静岡県がメインで作っているお茶は煎茶です。その中でも深蒸し煎茶が多数を占めます。

三重県と福岡県はかぶせ茶、京都府は玉露と碾茶の生産量が多いです。

玉露・煎茶・番茶の生産量ベスト5!

続いて、お茶の種類別のランキングです。H19年のデータとなります。

玉露の生産量ベスト5

 

  1. 京都府:148トン
  2. 福岡県:96トン
  3. 静岡県:11トン
  4. 熊本県:8トン
  5. 愛知県:3トン

 

さすがお茶の発祥地の京都ですね。高級とされる玉露の生産量が1位です。

それにしても、この生産量を見ると玉露の希少性がよくわかります。

お茶の年間生産量は約9万トンです。それに対して300トンも作られていません。

 

わずか0.3%!

 

一度は玉露を味わってみたいものですね。

 

関連記事玉露の入れ方は温度が決め手|煎茶の水出しでも旨味たっぷり!

 

煎茶の生産量ベスト5

 

  1. 静岡県:30,400トン
  2. 鹿児島県:17,900トン
  3. 三重県:4,080トン
  4. 宮崎県:3,130トン
  5. 福岡県:1,700トン

 

煎茶の生産量1位は静岡県でした。日本で一番飲まれているお茶は煎茶です。

普段私たちは、静岡県産のお茶を飲んでいる確立が高いわけですね。

静岡茶の特徴は深蒸しです。通常の蒸し時間よりも長くすることで、渋みや苦みを抑え、色の濃いお茶を淹れることができます。

 

関連記事日本の緑茶10種類|初心者でもわかりやすく解説

 

番茶の生産量ベスト5

 

  1. 静岡県:8,330トン
  2. 鹿児島県:5,530トン
  3. 奈良県:943トン
  4. 三重県:805トン
  5. 京都府:677トン

 

番茶の生産量も静岡県が1位でした。番茶とは、新芽を収穫したあとに伸びてくるお茶の事です。

そのまま飲まれることもありますが、ほうじ茶の原料にもなります。

ほうじ茶はカフェインやカテキンが少なく、胃に優しいお茶です。また焙煎することで、香りを最大限に楽しむことができます。

まとめ

以上、お茶の生産量と栽培面積|都道府県別ランキング1位はやっぱり・・・についての紹介でした!

お茶といえば静岡茶というのは間違いありませんでした。

高級なお茶を作っている京都の宇治も有名ですね。

-お茶

Copyright© エスビタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.