メンタル

仏教の悟りは辛い気持ちをラクにする|世界一わかりやすく解説してみる

仏像

https://tosuya1048.xsrv.jp

あなたは悟りをご存知ですか?

 

『あやしい宗教の言葉でしょ?』

『全てを理解したってことじゃないの?』

 

宗教的な要素が強く、とても理解しにくいのが『悟り』です。悟りを一言で表現してみると・・・

 

『何もない』ということです。

 

あなたは学校でいじめられて辛いですか?

職場の先輩から嫌がらせを受けていますか?

 

それは、あなたの固定観念です。あなたがそう思ったからそうなのです。では、悟りを開くとどうなるのか?その、固定観念がなくなります。

【学校でいじめられる】【職場で嫌がらせを受ける】という考えは無くなります。

 

それはそうかもしれないけど、辛いものはツライ。

 

そうですね、悟りとはそういうものです。

 

つまり、悟りとは言葉だけでは理解できません。体験することで初めて理解できるのです。

 

今回は、そんな悟りについての考え方を紹介していきます。悟りを理解すれば、人生がとてもラクになる事でしょう。

 

 

悟りは52個もある

実は正確に言うと、悟りには種類があります。しかも52個もあるのです。

仏教では、さとりといっても1つや2つではありません。1段違えば人間と虫けらほど違うさとりが、低いものから高いものまで、全部で52あります。これを「さとりの52位」と言います。

それぞれのさとりはどんな名前かといいますと、1段目から10段目を「十信」、11段目から20段目を「十住」、21段目から30段目を「十行」、31段目から40段目を「十回向」、41段目から50段目を「十地」といいます。51段目は、ほとんど仏のさとりと等しいということで、「等覚」と言われます。そして一番上の、下から数えて52段目のさとりが「仏覚(ぶっかく)」と言われ、仏のさとりです。

引用:仏教ウェブ入門講座

しかし、素人がここまで理解する必要はありません。悟りとはこういうものだ!と納得してもらえればOKです。

悟りは仏教の教え|生きることはツライという前提がある

仏教とは、お釈迦様が広めた世界三大宗教の一つです。釈迦は紀元前500年ごろの王家の人間でした。しかし、老病死の恐れを知り、そこから逃れる方法を知るために出家するのです。

 

そんな釈迦の教えを一言でいうなら『生きるのはツライ、だからラクに生きる方法を教えよう』という事です。

 

仏教では生きること=ツライを前提としています。生きていれば必ず訪れるのが老病死です。どうすればそれらを受け止めて、心穏やかに過ごせるでしょうか?

悟りを教えるのは困難|キリンを見たことがない人にキリンを教えられるか?

悟りの説明が難しいのは『体験することでしか理解できない』からです。もし、あなたの前に生まれつき盲目の人がいたとします。その人にキリンについて教える時はどうしたらいいでしょうか?

 

  • キリンは3~4mある動物だ
  • 首がすごく長い
  • 体の色は黄色と茶色
  • 網目状の模様がある

 

このように説明するのが一般的でしょうか。しかし、結局のところ『実際に見る』という体験がないと100%伝わることはありません。悟りも同様で、これが厄介なところです。

悟りとは無分別の世界|固定観念は一切ない

説明するのが難しい悟りですが、冒頭に書いたように『何もない』という事を理解すれば悟りは開けます。

例えば、以下の文章を読んで、あなたならどう感じますか?

 

目の前の花瓶に、一輪の彼岸花がありました。鮮やかな赤で、とても美しいです。しかし、1週間も経てば醜く枯れてしまいます。

 

悟りを開いている人からすれば、この表現は突っ込みどころしかありません。

 

  • 花が美しいのは人が勝手に決めたこと
  • 枯れたものが醜いのも人が勝手に決めたこと
  • 昆虫から見れば美しさよりも、ただの食料
  • 微生物にとっては枯れた花は栄養源

 

このように、見る角度を変えればいかようにも表現できるのです。

 

つまり、この世の全てはあなたの固定観念で区別されています。これを分別された世界といいます。

 

  • 生きるのが辛いのは、あなたの固定観念
  • 生きるのが楽しいのは、あなたの固定観念

 

固定観念だからこそ、頭では理解できても、心がそれを受け入れられないのです。

悟りを開いた人にとっては、どのような状況であっても全て一緒です。だから心が揺さぶられることもありませんし、ストレスもありません。残念ながら喜びもありません。常にフラットな状態なのです。

これが、無分別の世界です。

瞑想|悟りを開くためには道元の只管打坐

ここまで読んでいただければ、悟りを開くには体験するしかないという事が理解できたはず。

 

最も簡単な方法は『瞑想』です。

 

曹洞宗の開祖『道元』でいうところの只管打坐です。ただ座るのみ。何も考えず、呼吸に意識を向け、今現在だけを感じる。

やってみるとわかりますが、ビックリするほど思念が湧いてきます。思念が湧いてきたら客観的にそれを見つめ、また何も考えず呼吸に意識を向けます。

 

それを繰り返していくうちに『悟り』が訪れるのです。そして『ハッ』として気が付くのです。『今、何もない状態だった』と。

 

瞑想の科学的な根拠

瞑想がうまくいくと、脳内にはΘ波(シータ)とう脳波が出ます。実は瞑想以外でも出る脳波です。

 

Θ波は夢を見ているときに出ます。

 

しかし、瞑想は夢を見るわけではありません。起きたまま夢心地、このような境界のない世界が、悟りの境地といえるのでしょう。

また、瞑想を続けると脳内のセロトニンが増えてきます。セロトニンはうつ病に効果があるとされており、世の抗うつ薬のほとんどはセロトニンに作用するものです。

まとめ

以上、仏教の悟りは辛い気持ちをラクにする|世界一分かりやすく解説についてでした!

体験することでしか理解できない仏教の悟り。今風にいうならマインドフルネスです。

人生にツラくなった時、毎日30分間の瞑想をしてみましょう。抗うつ薬を始めるよりも、手っ取り早くてお金もかかりません。

 

-メンタル

Copyright© エスビタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.