看護師という女

もう疲れた・・・限界です|看護師のストレスを発散する6つの解消法

ストレスで顔を覆う女性

geralt / Pixabay

病院での看護師という仕事にお疲れでしょうか?

 

  • 『夜勤が続いて疲れた』
  • 『先輩からの嫌がらせがひどい』
  • 『患者さんが亡くなった』
  • 『とにかくストレス!』

 

そうですよね。看護師の仕事はハードということで有名です。体だけではなく、メンタルも疲れますよね。

常日頃から、患者の命を守るために戦っているのです。ストレスがかかるのも、仕方のないことでしょう。

 

でも、そのストレス、溜めたままにしていませんか?お酒やドカ食いで発散していませんか?

 

それでは体にも心にもよくありません。ストレスを発散するなら、効果的で自分のためになる方法を選択しましょう。

 

なぜなら、あなたは看護師なのだから。

 

他の女性ではそうはいきません。だって・・・お金がないですもん。でも、あなたは他の女性とは違います。仕事も頑張っており、ワンランク上のストレス発散をするという選択が可能なのです。

今回は、看護師だからこそできるチョッピリ贅沢なストレス解消法を紹介していきます(^^♪

もう疲れた・・・限界です

1~5年目くらいの看護師は、何かと業務を押し付けられます。もちろんそれは経験を積むうえでは必要ですが、度が過ぎると心身に負担が大きすぎます。

 

そんな時は、思い切って息抜きをしましょう。

 

私の妻も看護師ですが、結婚する前はビックリするほど贅沢な遊びをしていました(^^;)

看護師のストレスを発散する6つの解消法

それでは、看護師のストレス発散法を紹介していきます。

国内旅行・海外旅行に行く

息抜きといえば旅行!常に人の生死に関わっている日常から抜け出し、オシャレなホテルや老舗の旅館に泊まりに行きましょう!

 

観光じゃなくて、良いホテル・旅館に泊まるだけのホテルステイでも、心はかなりリフレッシュされます。

 

年に数回の海外旅行も良いですね(^^♪もちろん、普通の稼ぎの女性ではこのような選択肢はできません。国家資格という専門的なスキルを身に着けている看護師だからこそ、それに見合った息抜きができるのです。

 

海外のこだわりホテルでバカンスを楽しめば、日々の業務の疲れも吹き飛ぶでしょう。

ランチ・ディナーに行く

普段とは違うワンランク上の食事を楽しむのも、良い気分転換になります。

 

旅行に行く時間がとれなくても、高級ホテルのビュッフェなら夜勤明けにも行くことができます。

 

美味しいお店をたくさん知っていれば、彼氏ができた時のデートにも使えますね(^^♪

ヨガ・マッサージ・エステに行く

ヨガ・マッサージ・エステなどで、直接体を癒すのも一つの方法です。

 

瞑想の効果もあるヨガなら、ココロを整理するのにもピッタリ!

 

疲れた体にマッサージは効果的ですし、夜勤で荒れてしまったお肌のケアにエステは欠かせません。

ABCクッキングなどの料理教室に通う

料理教室に通って、自分のスキルを高めるのも一つのストレス発散になります。

 

なぜなら、あなたは頑張り屋さんだから!

 

普段の仕事でもそうですが、看護師というのは常に新しい情報をインプットして切磋琢磨していかなければなりません。

心のどこかで『自分を高める』ことに喜びを感じているはず。そんな時、料理教室というのは一石二鳥の習い事です!

今の男性は料理ができる人が多いですが、それでも女性に料理を振る舞ってもらえるのは嬉しいものです。

 

料理というスキルは間違いなく、あなたのアドバンテージになります!

 

料理教室では、自分たちで作った料理を食べて帰ります。ランチ代込みで料理の腕を上げ、女の魅力を磨きましょう。

彼氏を作る・婚活をする

でも、やっぱり最後は男ですよね(^^;)大変な時に支えてくれる彼氏がいるのが、一番のストレス発散です。

まとめ

以上、もう疲れた・・・限界です|看護師のストレスを発散する6つの解消法でした!

何かとストレスの多い看護師という仕事。3Kなどという言葉からも、大変さがうかがえます。

しかし、その能力を国からも認められ、他の職種の女性よりもしっかりとした年収を手にすることもできます。

 

だから、チョットくらい贅沢して、ストレスを発散しちゃいましょう!その息抜きが、患者の笑顔につながるはずです(^^♪

 

なお、今回紹介した内容は『精神的にはまだ余裕のある方』向けのストレス発散方法です。精神的にまいってしまった方は、早急に環境調整を行ってください。対応が遅れると、その分回復も遅くなってしまします。

まずは上司に相談、休職などを検討しましょう。慣れた職場をすぐに辞めてしまうのは、リスクでもあります。休養をとっても今の職場に復職する気にならなかった時、新しい転職先を検討してください。

-看護師という女

Copyright© エスビタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.