看護師という女

『あんた何様?』医療事務の態度が偉そうで悪い理由を10個紹介

怒り

https://tosuya1048.xsrv.jp

病院や薬局を受診すると、一番初めに顔を合わせるのが受付です。そこで対応するのが医療事務。複雑な医療費の計算や、各種申請の対応をしてくれるスペシャリスト。

 

ですが、その態度にイラっとしたことはありませんか?

 

いつも思うんです。病院の受付のお姉さんて冷たい人多くないですか?
ちゃんとした適切な対応はできてるんだとは思いますけど、優しい言い方で冷たく突き放すような印象を受けます。

引用:ヤフー知恵袋

医療事務がとにかく偉そうです。
看護師の私にあれこれ指示してくるし、クリニックは自分がいなきゃ回らないって思ってるのかいつもギャーギャーいってます。
自分は資格持ちだからっていうけど、民間資格で毎月試験があるような資格と看護師の資格一緒にしないで欲しい。

引用:看護師お悩み相談室

 

外部・内部ともに、そのように感じる方がいるようですね。実は私は医療職の資格を持っており、10年以上現場に身を置いています。

医師、看護師、薬剤師などの国家資格を持った人間の態度は、当たりハズレが大きいです。

 

でも、少なからず当たりの人がいます。

 

しかし、医療事務は全体的にちょっとハズレという印象。大ハズレもないんですけどね。残念ながら、当たりに出会ったことはありません。

今回は、なぜ医療事務の態度が偉そうなのか、現場経験をもとに独断と偏見で考察してみます。

 

  1. 接客業の意識がない
  2. マナー研修を受けていない
  3. 社会人経験が少ない
  4. お局が多い
  5. 常連の患者が多い
  6. 給料が低い
  7. プロ意識が低い
  8. 仕事のハードルが低い
  9. 学歴が低い
  10. 精神的に未熟な人が多い

 

『あんた何様?』医療事務の態度が偉そうで悪い理由を10個紹介

接客業の意識がない

一番の問題はココにあると考えます。実はコレ、医療事務に限った話ではありません。この後に紹介していく4つ目までは、病院や薬局ならどの職員にも当てはまるといえます。

 

病院職員は、接客業の意識がとても低いです。

 

あなたは何のために仕事をしますか?名誉?地位?貢献?色々な理由があると思います。

 

でも、どんなキレイごとを言ってもお金ですよね。

 

お金が必要だから働きます。もしそうじゃないという方は無償で働いてください。お金がある以上、払う側は顧客です。会社というのは顧客の満足度を高めることで、対価としてお金をもらいます。

 

なので、病院にお金を落としていく患者は顧客です。これはどうしようもない事実。

 

だったら、患者の満足度向上に尽力するのは当然なのですが、なぜか病院職員からはその意識が欠落しています。『受け入れてやってる』という気持ちが強いんでしょうね。

医療事務の態度が偉そうな理由の中で、一番大きい原因と考えます。

マナー研修を受けていない

一般企業であれば、入社した時に一度は受けたことがあるマナー研修。各社そのレベルに差はありますが、マナーが大切と教える行為に意味があります。

ところが、病院や薬局ではそういった研修はありません。かなり大きな病院、チェーン薬局では実施されていますが、それは全体の数%の話。

 

大半の病院・薬局では、マナー研修を実施していません。

 

そのため、バイトレベルの接客を、社会人になってもそのまま使うのです。下手したら、バイト以下ですけどね。

社会人経験が少ない

ここでいう社会人経験とは、一般的な会社での経験のことをいっています。髪は地味で清潔に、ジャケットを着て、朝は朝礼。

顧客と商談をして、報告書を作成。パワポを使ったプレゼンに、名刺交換。普通の会社なら普通にやっていることですが、病院・薬局という極端に偏った環境でしか働いていないと・・・

 

普通という基準がおかしくなります。

 

ふさわしくない髪型・色、周りを気にしないおしゃべり、毎日請求入力の繰り返し・・・他社の人間とのかかわりがないので、閉鎖的なことしかわからないのです。

お局が多い

医療事務はお局が多いです。お局が多いということは、仕事を長く続ける人が多いという事です。

長く続けることができるという事は、仕事がラクだからに他ならないでしょう。中には、患者のクレーム対応で辛いという意見もあります。

 

ですが、医療事務のミスで人が死ぬことはありません。

 

お金が絡むことは、どの職場でもクレームが発生します。なにも医療事務に限った話ではありません。

メンタルの弱い方はやめていくのでしょうが、割り切れる人間にとっては働きやすい環境なのでしょう。

同じ環境下で働き続ける人間は、どうしても堕落する部分が出てきます。そのため、お局と呼ばれる分類の人は、接客態度も悪くなるのでしょう。

常連の患者が多い

小さめの病院・診療所になると、同じ患者が通院してくる場合が多くなります。医療事務を長く続けると、そんな患者とは阿吽の呼吸での対応が可能になります。

 

しかし、その患者だけにしておけばいいのに、他の患者にも同様の態度をとってしまうのです。

 

一見さん、患者の家族、精神疾患の患者などは、馴れ馴れしい態度にイラっとしてしまうのです。

給料が低い

医療事務の給料は、医療業界の中では安いです。お金というのは、モチベーションに直結します。

 

こんなに大変な仕事をしているのに、なんで給料が安いの?

 

ハッキリ言ってしまうと、社会がそれだけの価値しか認めていないからその給料なのですが・・・事もあろうか、資格職と比較して薄給だと嘆くのです。

こんな意識を持った人が患者対応をしてるのであれば、態度が悪くなることもあるでしょう。

プロ意識が低い

医療業界というのは、資格職であふれています。

 

  • 医師:6年間
  • 薬剤師:6年間
  • 看護師:4年間

 

これらの職種は大学で勉強して、国家試験の受験資格を得る必要があります。そして、国家試験に合格してやっと使える資格なのです。

医療事務と比較すると、最初のモチベーションが違うのは仕方のないことです。さらに、実際の現場で数か月に及ぶ研修も受けなければなりません。

1年間もかからずに取得できる資格では、他の医療従事者と比べてプロ意識は低くなるでしょう。

仕事のハードルが低い

病院や薬局の仕事は、患者の病気を治すことです。そのために患者をメスで切ることもあれば、放射線を当てることもあります。

針を刺すこともあれば、副作用のある薬を調剤することもあります。

 

一歩間違えば、患者は死にます。

 

実際に、医療事故によって亡くなった患者は多くいて、そのたびにマスコミが大きく取り上げています。

彼らがやっている仕事は、常に最新の情報をインプットしながら、裁判に訴えられるかもしれないというストレスフルな内容です。

それに比べ、医療事務の仕事は責任が少ないという現実があります。この差は、医療事務のモチベーションを奪うことになるでしょう。

学歴が低い

学歴と態度は100%ではないですが、そこそこ比例しているように感じています。学歴が低いという事は、学歴の高い人と接する機会が少ないという事です。高学歴な人が病院に来た時に・・・

 

受付の態度に不満を感じるわけです。

 

医者は高学歴で態度が悪いかもしれませんが、彼らは医者という特権階級があるので医療事務のそれと同一視することはできません。

無茶苦茶に態度が悪いけど、オペの腕が最高の医者だったら、その人にオペして欲しいですよね。

精神的に未熟な人が多い

これまで十数年医療の現場に身を置いてみて、医療事務は精神的に未熟な場合が多いと感じています。

会社の方針に愚痴ってみたり、常におしゃべりしていたり、敬語が使えなかったり・・・やはり、医療に対する志の部分が大きく関わっているように思えます。

もちろん、素晴らしい対応の医療事務もいる

私が一緒に仕事をした医療事務は、みんなちょっとハズレでした。なので良い医療事務というのがわかりません。

ですが、大きな病院や、大手の薬局なら、しっかりと接客・マナー研修を受けた医療事務がいるはずです。

まとめ

以上、『あんた何様?』医療事務の態度が偉そうな理由を10個紹介でした!

医療従事者として業界で十数年働いてみて、医療事務に対して感じたことを書き連ねてみました。

すべて、独断と偏見ですので、参考程度にしてください。医療事務の質の向上を、心から願っています。

-看護師という女

Copyright© エスビタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.