暮らし

ブログの記事の書き方|見に来てくれた人の悩みを解決するために書く

投稿日:

JESHOOTS-com / Pixabay

ブログの記事作成にお悩みで、このページにたどり着きましたか?

このコンテンツではブログにおける記事の作成手順を解説していきます。

 

稼げるブログを作るコツは2つあります。

 

情熱です。

 

『何言ってるんだ?』と思いましたか?

しかし、事実なのだからしょうがないです。

 

記事を読む人はどんな状況なのかを、考えたことはありますか?

例えば先日の私ですが、、、

 

明日、急にお通夜の受付をやることになっちゃった、、受付なんて初めてだよ。

 

一体何をやったらいいんだ?よし、ネットで調べてみるか!

 

・・・

 

なるほど、受付はこういうことをやるんだな。香典を受け取るときの挨拶もバッチリ分かったぜ!これで明日は安心だな♪

 

つい最近、このような事がありました。

この時の私はどんな状態ですか?

 

そう、困ってるんです。

 

つまり、記事作成は困っている人を解決に導く必要があるのです。

隣にお通夜のプロフェッショナルがいれば、ネットで検索する必要なんてありません。

ネットユーザーは好きで検索しているわけではないのです。

そんな人たちの心に刺さる記事を書くには、愛が必要です。

 

グーグルの『10の真実』はご存知ですか?

今の主要なネット検索ツールはグーグルです。日本ではヤフーを使う方も多いですが、ヤフーはグーグルと同じシステムを採用しています。

つまりグーグルに評価されれば、検索上位に記事を表示させることができます。

そんなグーグルが信念としているのが『10の真実』なのです。

10個のうち、一番最初に以下の言葉があります。

 

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

 

私たちブロガーはこれに基づいて、記事を作らなければなりません。

 

先ほどの私の場合『突然お通夜の受付を依頼されて困っている30代の男性』というユーザーになるわけです。

このように、ユーザーに焦点を絞った解決記事を書けば、グーグルでの評価が上がり、ブログを多くの人に読んでもらえます。

 

どうしたら、困ってる人を助けられるか?

 

一生懸命考えましょう(^^♪

 

次に情熱ですが、、

グーグルで検索上位に表示されるまでには、半年、100記事くらいかかります。

それも、良質な記事を100記事です。

本業あり・ブログ初心者が良質な記事をかくなら、1記事作るのに1週間はかかるしょう。

すると100記事できあがるのは、、、

 

約2年後になります。

 

毎日2時間、2年間がんばってやっと効果が現れてきます。数多くのブロガーが、ドロップアウトする大きな要因です。

つまり、情熱が足りないのです。

 

テキトーに記事を書いて、楽して儲かるなんてことはまずありません。

 

情熱がいかに大切かを理解していただけたでしょうか。

 

ブログにおける愛と情熱を、分かりやすく解説してくれる書籍があります。

 

分厚いのですが、挿絵が多く2時間くらいで読めてしまいます。

ブログのハウツーや成功体験は、noteで数多く販売されており、私も焦りから衝動買いしたことが何回もあります。

しかし、正直この1冊を10回読んだほうが価値がありますし、安上がりです。

 

また、相手を思いやる気持ちを勉強するには、以下の書籍がオススメです。

 

マンガ形式なので、コチラも読みやすいです。

どうやったらお互いにwin-winの関係になれるかが、詳しく解説されています。

私が自分の知識と経験を無料で提供するのも、このwin-winからきています。

皆さんはライティングスキルを無料で手に入れることができますし、私はツイッターでの評価が上がります。

このようにwin-winの関係こそが、成功するカギです。

 

それでは『記事の作成手順』を解説していきます。

数々の書籍、note、オンラインサロンで得た情報をまとめて、自分用にアレンジしたものです。

どの情報も、色々な言い回しをしていましたが、根本的な部分は同じでした。

愛と情熱をもって読み進めてください。

How to create articles

記事を書く前の準備

記事を作成するときは、事前準備が一番重要となります。自分が書きたい記事を書いても、ユーザーの心に刺さることはありません。

 

記事を書く前の準備

  1. 記事ネタの検討
  2. メインワード選定(2~5個)
  3. 競合・需要のチェック
  4. 記事の種類決定(CV 啓蒙 アクセス)
  5. 記事構成の検討
  6. タイトルの検討

 

①記事ネタの検討

まずは記事のネタを探しましょう。何でもいいんですが、、身の回りで愛着のあるものが書きやすいです。

例えば、私ははるやまのアイシャツというワイシャツを愛用しています。

このワイシャツはアイロン不要で、私の生活に大きく役立ちました。

それでは、記事ネタをアイシャツにしてみましょう。

全く興味のない英語教材で、愛のこもった記事を書けるのは専業アフィリエイターだけです。

②メインワード選定(2~5個)

続いてメインワードを決めます。

アイシャツは、はるやまという会社が販売しているワイシャツです。

アイシャツ・はるやま・ノーアイロン

メインワードはこんな感じになりますかね。

このワードは記事タイトルに使用します。

③競合・需要のチェック

メインワードが決まったら、競合と需要をチェックします。

グーグルのシークレットモードでTOP10をチェック

グーグルの検索上位に表示される記事は、グーグルから高く評価されている記事です。

なので、1ページ目に表示される記事をチェックしましょう。

1ページ目の記事が会社のHPやAmazonなどでは、競合が強くて戦いにくいです。

個人ブロガーの記事なら、勝ち目があるかもしれません。

 

しかし、グーグルは本当に賢いです。普段パソコンを使っているユーザー向けの検索結果を表示してくれます。

ですが、それでは個人のバイアスがかかってしまい、本来の検索順位がわかりません。

そこで、シークレットモードを利用します。

How to create articles

Google Chromeの右上の3つの点を開いて、赤い四角をクリックするだけです。

この状態でグーグル検索のトップページに移動し、『アイシャツ』と検索してみましょう。

 

うーん、、AmazonやはるやまのHPがランクインしていて、競合が強そうですね。

しかし、私の書いた記事は10位にランクインしていました(^^♪

うまくユーザーの心に刺されば、『アイシャツ』1語でもトップページに表示されます。

1語なら、1位じゃなくてもOKです。というかムリです(^^;)

ですが、1位の記事がクリックされる割合は、30%くらいと言われています。なので、1位じゃなくてもトップページに表示されることが重要です。

ビッグワードは競合が多いので、2~3単語で検索して上位記事をチェックしましょう。

グッドキーワードで複数単語をチェック

2~3単語の調べ方です。

グッドキーワードというツールを使うと、1つの単語について検索される複数単語を調べることができます。

How to create articles

Googleサジェストを選択して、キーワードを入力しましょう。

How to create articles

すると、このように『アイシャツ+〇〇』の検索結果がわかります。

サジェストワード右の【Y】【G】はヤフーとグーグルです。クリックすれば、検索結果が見れます。自分が書けそうなワードで調べてみましょう。

試しに『アイシャツ+洗い方』の【G】をクリックしてみると、、

先ほど『アイシャツ』で10位だった記事が、1位になりました!

このように、複数ワードでトップを取れる記事を量産すると、ブログ全体の評価が上がっていきます。

もしあなたが『アイシャツ+洗い方』でトップを取りたければ、このページにある10記事は全部読みましょう。

おのずと、ユーザーが求めている情報が見えてきます。

関連する検索キーワードをチェック

他の調べ方として『関連する検索キーワード』があります。

How to create articles

よく検索結果の下の方で見かけますね。試しに『アイシャツ+評判』をクリックしてみると、、

またもや私の記事がトップにきました(^^♪

この記事は、ユーザーの意図を汲んだ記事と評価されれているわけです。

キーワードプランナーでチェック

上記3つで競合を把握したら、検索ボリュームを調べましょう。

使用するツールはキーワードプランナーです。有名ですね(^^♪

最初のうちは1,000くらいのボリュームを狙うと、トップを取りやすいです。

④記事の種類決定(CV 啓蒙 アクセス)

競合と需要のチェックが終わったら、記事の種類を決めます。

 

記事の種類

  • CV:収益を生み出す記事
  • 啓蒙:気付きを与える記事
  • アクセス:PVを増やす記事

 

全ての記事をCV(コンバージョン)にする必要はありません。

ブログ全体の力をつけるためにも、啓蒙・アクセスを意識した記事も大切です。

今回の『アイシャツ』はどれにしましょう、、

 

答えはCV

理由はアフィリエイトがあるから

 

バリューコマースというASPには、はるやまのアフィリエイトがあります。

また、アイシャツはAmazonや楽天でも販売されています。

そのような場合、積極的にCVを狙っていきましょう。

ユニクロはアフィリエイトがないので、収益化はあまり見込めません。グーグルアドセンスだけです。

しかし、需要がある記事はブログ全体のPV集めに役立ってくれます。

How to create articles

2018年1月~5月までのデータですが、この1記事だけで30,000PVくらい稼いでくれています。

⑤記事構成の検討

記事の種類を決めたら構成を考えます。

以下の手順で決めていきましょう。

 

記事構成の検討

  1. 何を伝えるのか?
  2. 誰に伝えるのか?
  3. なぜ伝えるのか?
  4. どうなってほしいのか?
  5. どうやったら行動するのか?
  6. ベネフィットの提案

 

先ほどの『アイシャツ』で考えると、、

  1. 何を伝えるのか?⇒アイシャツの性能
  2. 誰に伝えるのか?⇒アイロンがけに不満のある人
  3. なぜ伝えるのか?⇒アイシャツが便利だから
  4. どうなってほしいのか?⇒アイロンから解放
  5. どうやったら行動するのか?⇒広告を貼る
  6. ベネフィットの提案⇒何を得られるか

この中で一番重要なのは、ベネフィットの提案です。

ベネフィットとは『アイシャツを買うことで得られる体験』です。

ただの紹介記事、レビュー記事じゃダメなんです。

アイシャツを買ったらこんないいことがあるよ!って示す必要があります。

例えば、、

 

毎日のアイロンに30分、1年で10,950分の時間を奪われています。

 

その時間があれば何ができますか?

 

子供と遊ぶもよし、妻と話するもよし、趣味の時間にするもよし、自己啓発するもよし。

 

アイシャツを買えば、あなたの10,950分を取り戻せます。

 

こんな感じで、アイシャツを買うと具体的にどうなるかをベネフィットとして示してください。

 

モノの売り方についての、超的確な書籍を紹介します。

⑥タイトルの検討

ここまで来てやっとタイトルの検討です。

記事を作るうえで、タイトルは一番力を入れてください。

グーグルの検索はタイトルで決まるといっても過言ではありません。

今までの情報収集を元にタイトルを決めましょう。

『アイシャツ』の競合ページを調べたところ、ノーアイロン性能を知りたいユーザーが多そうです。

ユーザーはなぜアイシャツの性能を知りたいのでしょうか?

 

  • 忙しくてアイロンがけが、できないのかもしれません。
  • そもそも、アイロンがけが面倒なのかもしれません。
  • クリーニングが高くて、仕方なしにアイロンをかけているのかもしれません。

 

これらの問題をアイシャツが解決してくれるのか?ユーザーはそこを知りたいのです。

 

タイトルには、メインワードを必ず含めるようにしてください。

アイシャツの記事で設定したメインワードはアイシャツ・はるやま・ノーアイロンです。

 

これらをふまえ、誰が見ても記事全体の内容がわかるように、32文字以内でおさめます。

 

記事タイトルの付け方はコチラの書籍で10個紹介されています。

 

本当に記事作成のバイブル的な書籍です。noteよりよっぽど安上がりで、ためになります。

記事作成

初心者はいきなりタイトルを決めて記事を書き始めます。

しかし、それでは独りよがりな記事なり、ユーザーの問題は解決できませんし、心にも刺さりません。

記事を書きたいのをぐっとこらえて、事前準備に力を入れてください。

記事作成というのは半分以上が事前準備なのです。

それでは、記事作成に入ります。

 

記事作成

  1. 前文(問題提起⇒煽り立て⇒解決策)
  2. 見出しの検討
  3. ライティング開始

 

ここからはサラッといきます。

①前文(問題提起⇒煽り立て⇒解決策)

最初の見出しの前に前文を書きます。前文は問題提起⇒煽り立て⇒解決策の順に書きます。

全ての記事に当てはめる必要はありませんが、このパターンが多いです。

『アイシャツ』の記事で考えてみると、、、

 

  • 問題提起:アイロンがけに多大な時間を奪われていませんか?
  • 煽り立て:1日30分、1年間で10,950分も失っているのです!
  • 解決策:しかし、安心してください。アイシャツを手に入れればあなたの時間は取り戻せます。

 

ざっくりいう、とこのような感じです。

実は私が考えたわけではなく『PASONA(パソナ)の法則』という、消費者の購買心理プロセスに最適化された文章なのです。

 

PASONA(パソナ)

  • P:問題提起
  • A:煽り立て
  • So:解決策と根拠
  • N:限定感・緊急性
  • A:行動の呼びかけ

 

今は前文なのでP、A、Soまでにしていますが、文末にはN、Aをいれると効果的です。

②見出しの検討

さぁ、最後の力を振り絞って、今までの解説を全て思い出してください。

  • メインワードは何ですか?
  • 競合と需要はどうでしたか?
  • 何を伝えたいですか?
  • 記事のタイトルは何ですか?

これらを総合して、見出しを作っていきます。

③ライティング開始

やっと記事が書けますね。

とにかくユーザー目線で、簡潔にわかりやすく書くことがポイントです。

後ほど、文章の書き方についても触れます。

最終チェック

記事が完成したら必ずチェックをします。

以下、チェックポイントです。

 

最終チェック

  • 投稿ページを『コの字』チェック!
  • 専門的か?網羅的か?信頼性はあるか?客観的か?
  • 関連コンテンツは紹介できているか?
  • ポイントは強調できているか?
  • GRCに『テコ入れメモ』を書いたか?
  • UPSを示しているか?
  • 言葉はわかりやすいか?

 

投稿ページを『コの字』チェック!

私はwpXレンタルサーバー を利用しています。バックアップも取ってくれる頼もしいサーバーです。

そしてブログはワードプレスで管理しています。テーマはアフィンガーです。

15,000円ほどする有料テーマですが、記事の装飾にかかる手間を大幅にカットしてくれます。

 

メモ

ふきだし

こんな方におすすめ

  • これはダミーのテキストです
  • これはダミーのテキストです
コング
会話

 

詳しくはコチラ

 

このような装飾をクリックするだけで作成できます。時間のない兼業ブロガーにとっては、本当に便利なテーマです。

以下はアフィンガーを有効化したワードプレスの投稿編集画面です。

 

最後に『コの字』型に漏れがないかチェックしましょう。

 

  • パーマリンクは英語にしましたか?
  • カテゴリーはチェックしましたか?
  • アイキャッチは入ってますか?
  • 下部にタイトルは入力しましたか?
  • メタキーワードは入力しましたか?
  • メタディスクリプションは入力しましたか?

 

使っているテーマによって異なりますが、投稿ページの外回りは必ずチェックしましょう。保存前にページ移動すると保存されていないことも多々あります。

アフィンガー特有の機能としてLPページがあります。

この記事はLPページを選択しました。

LPページとは『そのページをしっかり読ませたい』ときに使用します。

CV記事などには有効的ですね。

このページをご覧いただくとわかりますが、サイドバー、関連記事、新着記事などの余計なものはなく記事を主体にしています。

こういった選択肢があるのも、アフィンガーの使いやすいところです。

専門的か?網羅的か?信頼性はあるか?客観的か?

  • あなたが書き上げたコンテンツは専門的な内容ですか?
  • その根拠を示せてますか?
  • ほかのサイトを探す必要がないくらい網羅的な情報がありますか?
  • 個人の偏った意見になっていませんか?

全てを満たす必要はありませんが、ユーザーのために誠意を持った文章であることを確認しましょう。

関連コンテンツは紹介できているか?

先ほども紹介しましたが、記事の種類にはCV、啓蒙、アクセスがあります。

啓蒙、アクセスが目的の記事には、CV記事への誘導のために内部リンクを貼りましょう。

ポイントは強調できているか?

強調したい部分は線を引いてますか?

太文字にしてますか?

マーカーを引いてますか

四角で囲ってますか?

ユーザーが見やすいように、ユーザーの脳に負担がかからないようにポイントを強調しましょう。

GRCに『テコ入れメモ』を書いたか?

検索順位チェックツールGRC は、検索順位を調べることができるツールです。

有料にはなりますが、利用を推奨します。

というのも、記事に対して何かアクションをしても、その効果をどうやって判断しますか?

検索順位が唯一の判断基準です。

以下、私のGRCで『アイシャツ』『アイシャツ+評判』での検索順位です。

 

『アイシャツ+評判』は2位なので実際とのずれはありますが、だいたいは合っています。

年間4,860円でサイト5個、検索語500個の順位を調べて記録することができます。

GRCの機能には『メモ』があります。リライトをしたり、何かテコ入れをしたときは記録代わりに書いておきましょう。

 

『2018/6/25 テコ入れ』と書き込みました。(緑の四角)記事をリライトしたのです。

この記事は『一条工務店+アイスマート+決めて』の3単語で20位前後をウロウロしてました。(青の折れ線グラフ)

しかし、リライトして4日目に急上昇。(黄色い丸)

 

7/4に1位を獲得しました!

 

検索順位チェックツールGRC は、自分がやったアクションが、グーグルに評価されたかを調べる重要なツールとなります。

USPを示しているか?

USPとはUnique Selling Propositionの略で『他には真似できない独自の強み』の事です。

 

これについても以下の書籍で詳しく解説されています。

 

USPは対話形式で考えると見つけやすいです。

『アイシャツ』でやってみると、、

 

形状安定のワイシャツなんて、どこにでもあるんじゃない?
アイロン不要のレベルはそんなにないよ
コング
でも、各社1商品くらいはノーアイロンのシャツを販売しているじゃん?
そうだけど、アイシャツは他社より安いよ
コング
ユニクロの方が安いんじゃない?
ユニクロはシワが残るんだ。アイシャツは耐久性もあるよ。
コング

 

このように、他のワイシャツにはない『アイシャツ』だけの強みを探し出して宣伝します。

しかし、そのためには根拠が必要ですね。

なので、アイシャツ以外のノーアイロンシャツも調べるとUSPに信頼性が出てきます。

私はアイシャツを含め、4つのメーカーのノーアイロンワイシャツを購入して調べました。

 

因みに、私のブログは住宅購入の記事をメインに書いています。

USPは『ラク』です。

『ラク』に暮らすために、平屋にしました。階段はないし、廊下もないので各部屋のアクセスも便利です。

他の注文住宅ブロガーとの差別化を図っています。

言葉はわかりやすいか?

これに関しては一言では語れないのですが、、

 

主語と述語を近くする

文を短く区切る

 

これだけは押さえておきましょう。

 

ダメな例

アイシャツははるやまが販売するアイロンをかけなくてもシワが伸びるワイシャツです。

 

改善すると

アイシャツははるやまが販売するワイシャツです。アイロンをかけなくてもシワが伸びます。

 

とても読みやすい文章になりました。

 

文章の書き方について詳しく知りたい方にオススメの書籍

 

最後に

これだけやるから、検索でトップが取れるのです。

愛と情熱がなければ、達成できない理由がわかっていただけたでしょうか?

 

記事作成のみならず、ブログ運営ではできるだけwin- winの関係を目指しましょう。

あなただけが損をするのもダメ、ユーザーだけが損をするのもダメです。

双方が得できるように、アイデアをひねり出してください。

 

『アイシャツ』の記事で考えると、、

 

私の得

アイシャツの広告収入を得る

 

ユーザーの得

アイシャツを買わずに性能がわかる

 

でも、実はアイシャツが1つ売れても、私の広告収入は300円くらいしかないのです。これだけ、頑張って記事を書いたのにです。

これだけだと、私の得が少ない気がしますね。そんな時のための物販最強アフィリエイトが『楽天カード』です。

楽天カードに新規契約してもらえれば、1,500円の広告収入があります。アイシャツの5倍です。私の得は増えましたね。

ユーザーはどうでしょう?

入会特典として5,000ポイントもらえるので、実質アイシャツを無料でゲットできます。

win- winの関係が膨れ上がりました。

こういうアイデアをひねり出すと、相乗効果が生まれて1+1が3にも4にもなります。

 

 

そろそろ、この記事も終わりです。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

本の紹介が多くて『結局、広告狙いじゃん!』と感じる方もいたかもしれません。

でも、この記事に掲載された本が売れても、私の広告収入は数百円です。

一番高い広告収入でもアフィンガーの7,000円です。

(因みにですが、この記事のリンクはほとんどアフィリエイトです。目立つバナー広告よりも、文章に溶け込ませたほうが自然です。貼り方の参考にもしてください(^^♪)

 

私のブログは住宅特化で作っており、狙っているアフィリエイトは12,000円/件です。

私としたら、12,000円に集中した方がよっぽど実入りが良いのです。

でも、それって私のwinばかりを追求することになります。やっぱり、それじゃダメなんですよ。

だから、何万円も投資して得た情報を、何時間もかけて記事にして、無料でwinを提供できるようにしているわけです。(購入していただいた方はすいません(^^;))

もちろん、私もツイッターの価値を上げてもらうというwinを頂いています。

 

稼げるブログを作るのって本当に大変です。

特に兼業ブロガーは本業で時間が取れません。

ですが、ユーザーの心を刺せれば必ず成功するのがブログです。

頑張ってやろうじゃないですか。

 

どうしても時間が取れないときは、記事の外注もありです。私も外注した記事をいくつか掲載しています。

その時に便利なのがクラウドソーシング「ランサーズ」です。

 

ただし、自分に基本的なライティングスキルがなければ、ライターから良い記事をもらうことはできません。

この記事の内容をしっかりと理解してから、ライターを育成しましょう。

-暮らし

Copyright© エスビタ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.